この度、プロクトは、カラーユニバーサルデザイン機構CUDO(クドーの賛助会員になりました。CUDOのことは以前から知っていましたが、きちんとプロセスを理解してデザイン検証できるようになっていきたいと改めて考えました。プロクトは、カラーユニバーサルデザインの考え方に賛同し、今後の我々の行動に反映させていきたいと思います。

色には「情報をわかりやすくする」という役割があります。例えばハザードマップや案内図のように、即座に情報を読み取り行動に移すことが求められる場面では、見分けやすい色分け(配色)は大いに役割を果たします。しかし、人の色覚は遺伝や加齢などにより共通な感覚ではありません。そのため、社会の色覚の多様性に対応していない配色は、混乱を招く要因になることがあります。

私たちは、みんなにとって見分けやすいデザイン「カラーユニバーサルデザイン(略称 CUD)」の考え方を普及する活動をします。CUDOはそのための組織です。

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構

こちらに、色弱者のことを綴りました。あわせてお読みいただけましたら幸いです。
PAGE TOP